東北コピー販売が見据える経営ビジョン

私たちは、約40年に渡り、コピー機を中心としたハードウェア販売を継続してきました。その間に、コピー機は

アナログからデジタル、モノクロからフルカラーと機器の進化に伴い、ニーズに対応し変化・成長してきました。

しかしインターネット時代到来と共に紙からの脱却、ペーパーレスのニーズが高まりました。そして、スマートフォン  

の普及・働き方改革、コロナ禍で更にそのニーズは大きな広がりをみせています。結果、私たちの事業の柱である

画像機器ビジネスは企業のペーパーレス化が進めば進むほど、シュリンクしていくかもしれません。

更に高機能で安価な商品やより便利に使えるクラウド製品が市場に数多くあることを考えると画像機器の

コモディティ化は加速していくでしょう。 

私たち、自らが変革をする「DX元年」とし新たなビジネスモデルの構築に向けたチャレンジを続けます。

お客様のオフィス環境の改善提案を通してより働きやすい「Workplace」の実現に向け全力で取り組みます。

東北コピー販売の考えるDX
OXOur Company eXperience)
     
      ⇒CXCustomer eXperience)


     ⇒DX(Digital transformation)

東北コピー販売のDX定義とは
私たちは、社内の業務改善に何度も挑戦し失敗を繰り返してきました。
しかし、諦めずに取組み、2015年 社内システムのクラウド化を決め実践したことが大きな変化を生み出しました。

その自社の経験=OX(Our Company eXperience)をお客様に提供することが競争優位になると確信しています。

そして、提供する情報がお客様の経験⇒CX(Customer eXperience)に変化し、業務改善・効率化に繋がります。

お客様の業務が変わり、仕事が楽しくなる⇒これが私たちの目指すDX(Digital transformation)なのです。