本文へ移動

秘密保持宣言文

秘密保持宣言文

東北コピー販売株式会社は当該案件を進めるにあたり、お客様から開示すされた情報の取扱い等につき、次の通り宣言します。
 
1.(秘密情報)
1.1 秘密情報とは、秘密である旨の明記された書面その他の媒体、お客様より開示、知り得た情報、取得した個人情報、業務上の
  一切の情報並びに作業の履行上知り得た一切の秘密情報を含むものとします。
 
1.2情報の開示された中で、次の各号の一に該当することを立証し得た情報は秘密情報には含みません。
・開示され又は知得する以前に公知だった情報
・開示され又は知得する以前に自らが既に所有していた情報
・開示され又は知得した後、自らの責に帰し得ない事由により公知となった情報
・開示され又は知得した後、秘密情報によらず自らの開発により知得した情報・開示され又は知得した後
 正当な権限を有する第三者から秘密保持の義務を負わず適法に知得した情報
 
2.(情報の開示)
2.1取引関係において、作業上、自らの判断により、必要又は有用と認める業務上の情報を開示するものと致します。
 
3.(秘密保持)
3.1取引関係において、秘密情報を承諾なくして、第三者に開示、漏洩致しません。今回の案件を進めるにあたり
  協業する会社は上記には含みません。
 
4.(仕様目的の制限)
4.1取引関係において、秘密情報を開示の前にあらかじめ双方合意により定めた目的以外に使用し又は利用することは致しません。
 
5.(複製等の禁止)
5.1取引関係において、お客様から承諾を得ていない秘密情報の2次コピー若しくは複製は致しません。
  
6.(秘密情報の保管)
6.1 取引関係において、秘密情報に関するすべての書面及び媒体は、善良なる管理者の注意をもってこれらを保管致します。
 
7.(返還及び破棄)
7.1取引関係において、秘密情報が不要となったときに若しくは返還を要求されたとき又は取引関係が終了し若しくは取引解除された
  ときは速やかにお客様の指示に従い秘密情報に関するすべての書面及び媒体並びにそれからコピー及び複製物を返還、又は自己責任で
  破棄致します。
 
8.(検討の内容及び成果の発表)
取引関係において、事前にお客様から承諾を得なければ、双方共同でおこなっている各検討の内容及び成果を第三者に開示、発表することは致しません。ただし、商品の性質上、標準機能になりうる可能性があるもの・汎用業務で使用できる可能性があるものは上記に含みません。その他、損害賠償、契約締結時の解除条件、有効期間、残存効力、合意管轄、協議事項に関しては契約締結の場合、契約書内に記載させて頂きます。
 
取引関係において、定めのない事項、又は各条項の解釈について疑義が生じたときは、その都度信義誠実をもって解決にあたることを宣言します。
 
2020年6月1日
東北コピー販売株式会社
代表取締役 高橋 剛

お問い合わせ

秘密保持宣言文に関するお問い合わせは、下記窓口にて受け付けております。

【取扱い窓口】
≪東北コピー販売株式会社 管理部≫
〒960-8252 福島県福島市御山一本松13-5 
TEL:024-559-0245 FAX:024-559-0251
TOPへ戻る